東京三鷹にあるフェアトレード・ショップ
Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.

東京三鷹にあるフェアトレード専門店

Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.
「るま・ばぐーす」とは、インドネシア語で「素敵な家」という意味です。

トピックス

  • HOME
  • >
  • トピックス
  • >
  • トピックス1
PREV
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

はらっぱ商店の「楽しいエコラップ作り」講座

 
海を汚してしまっているプラスチック。少しでも減らしたいと考えている「はらっぱ商店」の皆さんとエコラップを手作りします。かわいい布地を使っての作業です。
(国産無精製ミツロウ・オーガニックホホバオイル使用)

日時:61日(土)
   ① 2003305名)
   ② 3305005名)
参加費:¥1,800(材料費込)
場所:るま・ばぐーす
お申し込み:0422-41-4666 るま・ばぐーすへ
(ご参加の方は汚れ防止にエプロン等をご用意下さい)

 

山の農場&みそ工房SOYA

「美味しい!!」と大好評の「ひっぽの元気な味噌」
「山の農場&みそ工房 SOYA」のご紹介です。
6人家族の SOYA家。(高校生 2人。中学生 1人。小学生 1人)
東京から移住して農業を始めた太田茂樹さんと「ひっぽ」で知り合ったやはり東京出身の岩佐未弧さんのファミリーです。
土地捜しから何から多くのことを地域の方々から教えてもらい乍ら無農薬での米、麦の栽培をし、味噌作りをして 20年以上。
震災後、多くの若い世代が転出していった中「地域でお世話になってここまで来たので、これから恩返しをしたい」ということで、ひっぽで頑張っているのがこのファミリーです。
そんな中で育った子ども達が元気に活躍している様子は年 1回のお便りに詳しいのですが、個性を発揮して元気に行動している報告は嬉しいことです。
「るま・ばぐーす」の 2人も 2回「ひっぽ」に行っています。
大きなスギの樽の並んだ味噌蔵い入ると香ばしい味噌の香りが一杯でした。今は冬季の仕込み作業が終わり、蔵の中でじっくり熟成していることでしょう。
これからは農作業で忙しくなっていきます。大きくなった子どもさん達が手伝う作業も有り、一家で力を合わせて味噌作りをしています。
地域の有志と一緒に立ち上げた NPO法人「そのつ森」では、介護予防事業、デイサービス等を行っていて、地域の皆さん達の憩いの場、集いの場となっている様です。
(廃校になった中学校を自力で改修していた太田さんの姿には頭が下がりました。来春からは少人数保育も予定されているそうです。)

「るま・ばんく」からのお知らせ

皆様から食品等をお預かりして「子ども食堂」「びよんどネット」へ手渡ししております。「るま・ばぐーす」でも引き続きお預かり致しますが、「みたかボランティアセンター」にも窓口が出来ましたので、そちらへ直接お持ち頂くことも出来ます(「フードバンクみたか」)のでお知らせ致します。
尚、「びよんどネット」へのものは引続き「るま・ばぐーす」へお願い致します。

みたかボランティアセンター内「フードバンクみたか」
三鷹市上連雀8-3-10(図書館本館の奥です)
0422-76-1271

 

蚤の市へのご協力有難うございました!!

沢山の方に来て頂きました!!
(次回は12月頃の予定です)

PREV
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |