東京三鷹にあるフェアトレード・ショップ
Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.

東京三鷹にあるフェアトレード専門店

Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.
「るま・ばぐーす」とは、インドネシア語で「素敵な家」という意味です。

トピックス

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

 
クラフトハウスばくです。よろしく!

武蔵野市、とは言っても「武蔵野市のチベット」とか「武蔵野市のネパール」と言われている「関前」という、とってもマイナーな場所にあるクラフトハウスばくです。五日市街道からちょっと南へ入り、周りには栗畑が広がるの~んびりしたところにあります。営業を始めてから8年目になりますが、未だに「ここって、何をしているところ?」と不思議がられています。
「私の居場所」「息子の居場所」「みんなの居場所」を住み慣れた武蔵野市に作れたらと思っていたところ、たまたま参加した手製本を作る会の拠点がこちらにあり、2、3回足を運ぶうち、ここで今までご縁のつながっている人たちに講座を開いてもらったり、好きで買っていたフェアトレード商品を仕入れて売る場にできるかも、使わせてもらうようになりました。2010年2月にはるま・ばぐーすの岩佐さんにおいでいただき、フェアトレードやお店のことなどお話をいただきました。三鷹国際交流フェスティバルへの出店もお声かけいただき毎年楽しんでいます。フェアトレードがつないでくれたご縁と感謝しています。
さて、「ばくって何をしているところ?」なんですが、フェアトレードマップにもご紹介いただいたように、「ワンデイシェフの日替わりランチ」「フェアトレード商品の販売やカフェ」をメインに、会場貸しとして、お子さん連れでもできる「ゆったりヨガ」や「ハンモックリフレ」、経済的に困難な家庭の子の学習支援「のぞみ塾(=ほぼ無料塾)」などを開催しています。売り手も買い手も、教える側も教わる側も、無理せず、ゆるゆるを楽しめる、そんな居場所を続けていけたらと思っています。
 ゆったりペースがいいけれど何かやってみたいとか、自力で開業は難しいけれどお店をやってみたいとか、「場所があれば~」と思っている方、ばくへお声かけください。お料理好きの方、「ワンデイシェフ」も大募集中です!駅近でもなく、人通りも多くなく、入口もちょっと入りづらい「クラフトハウスばく」ですが、ぜひ、一度、がんばってのぞいてみてください。

クラフトハウスばく
東京都武蔵野市関前3-10-6 TEL:0422-36-8311 FAX:0422-37-5173
LinkIconyumekouboubac@yahoo.co.jp
LinkIconhttp://crafthousebac.bake-neko.net/crafthousebac/TOP.html

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |