東京三鷹にあるフェアトレード・ショップ
Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.

東京三鷹にあるフェアトレード専門店

Fairtrade shop in Mitaka Since 1997.
「るま・ばぐーす」とは、インドネシア語で「素敵な家」という意味です。

るま・ばぐーす通信

  • HOME
  • >
  • るま・ばぐーす通信

最新号のご案内

第98号

[島田] まさに「光の春」ですね。本来政治は困難をかかえていても真面目に生きている人々に光を当てるのが役割でしょうに、自分のことしか考えていない「大もの」があちこちにいるように思います。情報も選択出来る目を養いたいものです。お散歩の途中にでもどうぞお立寄り下さって、おしゃべりを楽しみましょう。
 
 
[岩佐]今回はカレーを特集しました。これからの季節には欠かせないですね。カレーフェアーもぜひご活用下さい。皆様のオリジナルのレシピも教えて下さい!!
 
(るま・ばぐーす通信No.98編集後記より)

主な内容

・AWEP(アジア女性自立プロジェクト)フェアーのご案内
・カレーフェアーのご案内
・カレーの壺を使ったレシピ など
 
〉最新号のダウンロード

これまでの編集後記

「るま・ばぐーす通信」編集後記のバックナンバーです。これまでの5回分を抜粋してみました。主な記事は、トピックスに掲載していますので、そちらもご覧ください。

 
左から、第3号(1998.3)、第18号(2000.2)、第31号(2003.1)です。

第97号の編集後記

[島田]新しい年のスタート。今年はトリ年だそうです。平和の象徴であるハトがはばたける年であって欲しいものですね。とりあえずおしゃべりを楽しみお正月の疲れを取りましょう。
 
[岩佐]「るま・ばぐーす」は新年から月曜日も営業致します。これで休業は日曜日だけとなりました(祝日も営業)。お不便をおかけ致しましたがこれからは曜日を気にせずおついでにぜひお立ち寄り下さい。
 

第96号の編集後記

[島田]季節の移ろいは早いですね。今年は涼しい顔をした「うそつき虫」や「ごまかし虫」が増えた様に感じます。特効薬は無いでしょうから地道に思いを語りあうことが大切ですね。ぜひお出かけ下さい。チョコレートもずらり並んでお待ちしています。
 
[岩佐]秋なのに夏(?)だったり、急に寒くなったりで身体がおかしくなりそうです。ようやく秋も深まって冬に向けての商品が続々入荷中です。

第95号の編集後記

[島田]熊本地方が揺れて1ヶ月余り。たぶん人間の愚かさに地球が怒っているのでしょう。「われもまたにんげんのいちにんなりしや」これは先日行われた水俣病公式確認60年の記念フォーラムのタイトルです。生命は平等であって欲しいですね。店内の募金箱はお陰様で少しずつ重くなっています。
 
[岩佐]熊本の地震で被災された方々に心よりお見舞申し上げます。「るま・ばぐーす」での皆様のお気持ちは支援活動をしている団体にお預けする予定です。ところで、もうすぐ参議院の選挙が行われます。選挙でいつも気になるのは日本の女性議員の少なさです。保守的な日本の政治環境の中で、女性に政治の世界で活躍してもらうにはやはりクオーター制しかないのでは?(韓国、台湾では成果が上がっているそうです)
(クオーター制=議員等の一定数を女性に割り当てる制度)

第94号の編集後記

[島田]クシュクシュ、カユカユの季節が今年もやって来ました。杉のお茶でなんとか凌いでいる昨今です。なんとか凌げないのが貧困問題。根は深く個人の頑張りだけでは解決はできません。やはり政治でしょうか?
 
[岩佐]貧困という状況は海外のことと思っていたら自分のに。こんなにひどい状況になったのは私たちが他人事と考えていたから?身近なところから少しでもサポートしていければと思います。「るま・ばんく」を活用して食材の無駄、ゴミ化を防ぎませんか?

第93号の編集後記

[島田]輝く笑顔の子どもたちがお店の前を歩いていきます。近所の保育園の子どもたちでしょうか。今年は「平和」を脅かす出来事が沢山ありました。ご来店下さるお客様にエネルギーをいただきなんとか暮らせた一年でした。来年はサル年です。しっかり見て、聞いて、しゃべりまくりましょう!
 
[岩佐]銀杏の樹がすっかり黄色くなって葉が散っています。今年もあと僅か、国の内外で大変な事が色々有りました…。でも来年は良い年になる事を信じて新年を迎えたいと思っています。皆様も良いお年を。

第92号の編集後記

[島田]6日、9日、15日と重たかった8月が終わり本物の「積極的平和主義」の祭典「国際交流フェスティバル」が間もなく行われます。もう26回目です。楽しみながら「平和」を体感しましょう。
 
[岩佐]とんでもない暑さの8月と豪雨の9月。気候の激しさはついていくのが大変ですね。でもようやく過ごしやすい日々となっています。チョコレートもあと少しで転倒に並びます。ちょっぴり秋らしくなった「るま・ばぐーす」へ是非お出かけ下さい。
「ひっぽの元気な味噌」の故郷の宮城県丸森町では豪雨で一部の田で冠水したりはしましたが、他には大きな被害は無かったそうです。また今年も美味しいお米とタイズが育って欲しいですね。
 

第91号の編集後記

[島田]緑が美しいですね。一方、ネパールの地震に心が痛みます。そのネパールに28年前から奨学金を送り続けている知人が「やっと現地と昨日の晩に連絡がついたのよ。生きていて良かった!」との声と一緒にカンパ箱を持って来ました。(店内のテーブルの上)5月下旬に一時日本に戻れるので手渡しの予定です。ご無理のないところで宜しくお願いします。
 
[岩佐]この季節になると毎年の衣類に頭をめぐらします。アジアの涼しい衣類をと集めて来ました。が、円安やら何やらで今年のフェアは無理かなと思っています。出来る範囲でオーガニックなもの、風の通るもの、着やすいものを仕入れていきますので宜しくお願い致します。ネパールに対しては息の長い支援を続けていきたいと思っています。